maoiqnokoya

問いかけたのは宿だった。考えたのは自分だった。

昨日までの自分でなくてもいい。

明日からの自分でなくてもいい。

今の自分でもいい。

そこに滞在する時、

〇〇家である。

その時、私だけのものがたりがその場所で紡がれる。