MAGAZINE FOR GOOD LIFE WITH NICE THINGS.

this month stories

2017 NOVEMBER - living place

暮らす場所。働く

鉛筆で描くように。

山梨 _ 北杜市

House.

 この家と、この町で。

東京 _ 清澄白河

飛松陶器

“真鶴人”として。

神奈川 _ 真鶴

真鶴出版

むかう場所、むかえる場所。

茨城 _ つくば市

manufact jam

一生の間で暮らす場所は、

わずかだと思います。

たいてい、その場所には

全てがあるわけではありません。

その場所にないものがあり、

その場所にあるものがあります。

しかも、場所は雄弁な

語り手ではありません。

ありのままの状態で

そこに存在します。

 

その場所で暮らそう。

その場所で働こう。

 

心を澄ませば、そう思える場所が

日本のどこかに存在します。

BUY NOW

BROWSE

ここから何が見える?

長野 _ 東御市

Ph.D.

奥へ進めば。

山形 _ 西川町

坂本大三郎

地元に耳を傾ける。

秋田 _ 五城目町

ものかたり

未来の暮らしを迎えに。

北海道 _ 札幌

暮らしかた冒険家

SUBSCRIBE

2つの場所で。

北海道 _ 札幌 洞爺湖

drop around

土ある暮らし。

鳥取 _ 米子

丸瀬和憲 由香里

“塾成”のステージ。

鳥取 _ 智頭町

タルマーリー

種を繋ぐ人。

長崎 _ 雲仙

ORGANIC BASE

町の図書館、つくる未来。

長崎 _ 福江島

さんごさん

あらゆる出会いはここから。

長崎 _ 福江島

te to ba

next month

CLOTH & CLOTHING

暮らしの布、やさしい衣

※ 内容は一部変更になることがあります。ご了承ください。

北海道札幌市にある食材自給率90%超えのカフェ「たべるとくらしの研究所」。ここの所長の安斎さんは、お店の料理と自分たちが食べる食材のほぼ全てを畑で育てる傍ら、モバイルアースオーブンという移動式の窯を作品として札幌国際芸術祭にも参加しています。元消防車に火の元である窯を積んで走るというギャグみたいな活動を、しかしとても真剣に取り組んでいました。火消しの法被を着ながら窯に火を灯す姿には、そこはかとなくアート感が漂います。道具として使われていた衣類が一旦役目を終え、再び全く逆の役割に就いている様に人情味さえ感じました。

2017 DECEMBER - cloth & clothing 2017.10.23(mon) on store
top
MAGAZINE FOR GOOD LIFE WITH NICE THINGS.
2017 NOVEMBER - living place
CLOTH & CLOTHING
2017 DECEMBER - cloth & clothing 2017.10.23(mon) on store
MAGAZINE FOR GOOD LIFE WITH NICE THINGS.
2017 NOVEMBER - living place
CLOTH & CLOTHING

暮らしの布、やさしい衣

2017 DECEMBER - cloth & clothing 2017.10.23(mon) on store