MAGAZINE FOR GOOD LIFE WITH NICE THINGS.

this month stories

2018 JULY - find out what's there

訪ねたい場所

あの映画に会いに行く。

大分 _ 日田市

日田シネマテーク リベルテ

風の通り道。

長崎 _ 長崎市

List:

想いをつなぐ湯治宿。

大分 _ 別府市

湯治柳屋

心を引き継いで。

長崎 _ 長崎市

Coeur de joie

時に、日常の範囲を飛び越える。

 

普段と少し違う、

そこにある風景、

そこにある空気、

そこにある光に包まれて、

気持ちが無防備になるように。

 

遠い記憶が甦るような。

 

土地の優しさにふれたような。

 

人の言葉に気持ちが動くような。

 

どこか懐かしい

感覚に浸るような。

 

気持ちいいゆらぎを

感じる場所へ。

暮らしをつくる入り口。

長崎 _ 雲仙市

刈水庵

ジェラートが紡ぐものがたり。

福岡 _ 糸島市

Loiter Market

楽しむ心さえあれば。

福岡 _ 糸島市

SUN WORKS

からっぽになる、休日。

福岡 _ 糸島市

bbb haus

いつものリズムを味わいに。

広島 _ 尾道市

USHIO CHOCOLATL

旅する場所。

群馬 _ 桐生市

Purveyors

おいしさに安らぎを求めて。

北海道 _ 長沼町

shandi nivas cafe

健康に暮らすこと。

北海道 _ 長沼町

ナガヌマ町ハナレ

ありのままの強さ。

北海道 _ 長沼町

ポトリベーカリー

背伸びしない旅。

北海道 _ 長沼町

MAOIQ

next month

ESSENTIAL THINGS

日用品のキセキ

※ 内容は一部変更になることがあります。ご了承ください。

自分にとって良いものとの出会いというのは、後に友人となる人との出会いくらい貴重であり、また楽しい。良い友人の定義くらい良いものの定義はとても複雑で難しく、古いもの新しいもの、目を引くもの素朴なもの、1回しか使えないもの、長く使えるものなどさまざまだ。会って1秒で友達になれる人もいるように、時間はさほど関係ないのだろう。そんな中でも僕がもう切っても切り離せなくなったものに筆記具がある。チョークとの出会いは職場で半ば強制的に使い始めることになったが、万年筆は何故だか直感的に選び取ったもので、インクの色もブルーともグリーンともつかない夜の空が海に映ったような「月夜」という色を、初めて万年筆を買いに行った時からもうずっと使い続けている。それこそ1秒以内で選んだ色だったが、もう4〜5年も使い続けているあたり、ほかの色で広がる表現より、この色で伝えられるメッセージの探求の方に興味があり続けているようだ。

2018 AUGUST - good stores 2018.6.23(sat) on store
top
MAGAZINE FOR GOOD LIFE WITH NICE THINGS.
2018 JULY - find out what's there
ESSENTIAL THINGS
2018 AUGUST - good stores 2018.6.23(sat) on store
MAGAZINE FOR GOOD LIFE WITH NICE THINGS.
2018 JULY - find out what's there
ESSENTIAL THINGS

日用品のキセキ

2018 AUGUST - good stores 2018.6.23(sat) on store