2018 JUNE

おいしい、が巡る

誰かが、そのおいしいを

 

誰かと、そのおいしいに

 

あの場所で、

      そのおいしいに

想いが、

      そのおいしいを

絵のように、

      そのおいしいを

音楽のように、

      そのおいしいを

ダンスのように、

      そのおいしいを

 

おいしいは、

体に入って消化されずに

心までしみてく。

集い味わう。

兵庫 _ 養父市

TANIGAKI

ささやかな、温かい灯り。

広島 _ 尾道市

BISOU

ほっと一息、心のよりどころ。

岐阜

まっちん

 うきはで採れたお茶だから。

福岡 _ うきは市

新川製茶

いつか、文化になるパン。

広島 _ 八丁堀

田村 陽至

四季の知らせ。

広島 _ 尾道市

尾道お菓子 たつみや

この味、あの記憶。

佐賀 _ 唐津市

唯一味

 畑の味と、種が生む風景を伝える。

福岡

金子商店

いつも側にいる、 流しのカレー屋。

 

きむくまカレー

声を届ける。

東京 _ 谷中

TAYORI

やさしい色のハム。

神奈川 _ 湘南

PURE FARM

内から光る。

長野 _ 軽井沢

白ほたる豆腐店

蕎麦がうまい、だけじゃない。

静岡 _ 浜松市

手打ち蕎麦 naru

大自然に委ねる。

三重 _ 美杉町

THE NEXT ISSUE

I WANT TO GO

訪ねたい場所

人生で初めての入院を経験した。検査入院などではなく、しっかりとお世話になるタイプの入院だった。1週間で退院できたが、なんだか人生の一時停止ボタンを押されているような感覚で、周りはゆっくり休んでと言ってくれたが、焦るほどではないものの体だけ置き去りになっている気分だった。病状としては、扁桃炎という喉が腫れたの一言で済んでしまう病気だったのだが、入院するほどには苦しんだ。あれはもう嫌だ。免疫力を高めていこう。来週も再来週も旅の予定が詰まっている。行きたい場所と会いたい人とやりたいことが沢山ありすぎて、自分の体一つでは足りないと感じる時がままあるが、そういう時はきっと足元が浮ついている時。あの入院の日々を思い出して地に足着けて進んで行こう。

drawn by CHALKBOY