2019 SEPTEMBER

暮らしを旅する。

住んでみたい場所。

そこからの景色が。

街の気配が。

誰かとの出会いが。

すっと、尾を引く。

思いがけず、

日々の中の特別に出会う。

暮らしの旅へ。

いつか、そこに、

と思える場所に。

島をまるごと旬のイタリアン。

長崎五島 _ 福江島

島食Gino 柳野達治

野鍛冶という仕事。

長崎五島 _ 福江島

宮﨑鍛冶屋 宮﨑春生

五島らしさが集う場所。

長崎五島 _ 福江島

te to ba〈手と場〉 ポー麻梨絵

あたたかい場所。

岡山 _ 西粟倉村

あわくら温泉 元湯

健やかに育む五島の食卓。

長崎五島 _ 福江島

農事組合法人ベジテール 尾崎剛教

木桶の文化を次の時代へ。

長崎五島 _ 福江島

桶光 宮﨑光一

百年の森に囲まれて。

岡山 _ 西粟倉村

 西粟倉・森の学校

おいしい油を求めて。

岡山 _ 西粟倉村

ablabo. 蔦木由佳

日々の営みを重ねる。

岡山 _ 西粟倉村

フレル 山田哲也・西原貴美

想いを込めて。

兵庫 _ 三田市

fbomh 桐山真悟・智子

続いていくページ。

兵庫 _ 三田市

Barnshelf 小前司・えりか

ふくらむたのしみ。

兵庫 _ 三田市

キビトパン 清原達也さん・晶子

ほんの少し、背伸びして。

北海道 _ 洞爺

ラムヤート 今野満寿喜

気ままな町の速度で。

北海道 _ 洞爺

しまりすや 島志織

洞爺暮らしのおすそ分け。

北海道 _ 洞爺

チャシバクINN・チャシバクドーナツ

THE NEXT ISSUE

SENSE OF CLOTH

布と衣

最近色を扱うことがとても楽しい。見ているだけでも楽しく感じる。やや褪色したような彩度の低いパレットや、パッキパキの強烈なコントラストを生む配色まで、見ていて興味は尽きない。実は今まで積極的に色を使ったり考えたりすることを避けてきた。もともと黒板にチョークという白黒の組み合わせでスタートしたキャリアだから、というのはただの言い訳。憧れはありつつ、その広大な海のような色の世界に飛び込むには、きっと覚悟が足りなかったのだ。それがようやく意を決して、ジャボンと飛び込む…というよりは足元から徐々に浸かっていくように色を目一杯楽しんでいる。

drawn by CHALKBOY