佐藤繊維tetricotにオールメイドイン東北のニットキャップが誕生

1932年創業の山形県寒河江市の紡績・ニットメーカー〈佐藤繊維〉が昨年の秋にスタートした手編みブランド「tetricot /テトリコット」。2020年秋冬は、応援販売サービス「makuake /マクアケ」にてニットキャップを販売する。

今シーズンは、秋田、宮城、福島、山形(佐藤繊維)による4県の糸メーカーが紡績した糸を掛け合わせている。衰退する東北の、国内の、繊維産業のものづくりを守るため力を合わせて誕生した糸。そして、この糸をニット帽子として形にするのは、岩手県と宮城県を主に活動をしている『ハートニットプロジェクト』のアミマーさんたちだ。ひとつひとつ手作業によって編まれた帽子は、着用すれば優しいぬくもりに包まれる。

詳細は以下よりご覧ください。

https://www.makuake.com/project/tetoricot/

◯販売期間:2020年8月6日(木)〜9月29日(火)

◯アイテム:ニット帽子/3色展開

◯販売場所:「makuake /マクアケ」https://www.makuake.com/project/tetoricot/

◯問合せ:佐藤繊維/Sato-S²プレスルーム Satoseni.pr@gmail.com