EAT 005

コロッケでハッピーに!

All About My Croquette

東京_松陰神社前

11時から15時限定で楽しめるランチプレート(¥1,200)。

好きなコロッケを2種類選べるほか、

自家製のケークサレや季節のスープ、

日替わりのデリが詰まったボリューム満点の一皿。

みんなのコロッケに広がる

無限の可能性

コロッケとは、じゃがいもとひき肉で作った揚げ物。そんなイメージを、ここ〈AllAboutMy Croquette〉は、いい意味で覆してくれる。店には常時8種類ほどのコロッケが並び、その名もフレンチ料理からインスピレーションを受けたという『エビバニラ』や、トマトソースをスポイトで添えた『イカスミバジル』、鮮やかなピンク色をした『ビーツ&クリームチーズ』など、斬新な素材の組み合わせや、鮮やかな見た目は唯一無二。コロッケはいわば〝箱庭〟のようなもの、と明言する店長の田窪史絵さん。彼女が考えたメニューには、和食やフレンチ、イタリアンなどさまざまな料理のアイディアが落とし込まれている。

1_左上から時計まわりに『エビバニラ』(¥260)、『イカスミバジル』(¥260)、『ほうれん草チーズのアランチーニ』(¥320)、『ビーツ&クリームチーズ』(¥260)。テイクアウト用のBOXには、ポップなお店のロゴがあしらわれている。2_隣の隣にあるご近所のカフェ〈STUDY〉を営む鈴木一史さんが手がけた内装は、気軽に入れるお店になるよう開放感のあるシンプルさを心がけた。3_店内のイートインスペースから見渡せる厨房では、店長の田窪さん(右)とスタッフの白子さん(左)が仕込み中。4_2種類の食感を混ぜ合わせて作るプレーンのコロッケは、ホクホク感ともっちり感が共存する。

1

2

3

4

ユニークなコロッケが名を連ねるなか、店のコロッケのベースとなっている『プレーン』は実にシンプルで、使う食材はなんと男爵いものみ。ペースト状にしたじゃがいもに角切りにしたじゃがいもを混ぜて、ベシャメルソースを使わずにクリーミーさを実現。店の全てのコロッケは揚げ物だけど、日常的に食べてもらえるようにできるだけヘルシーに。衣も油を吸わないようにパン粉は細かく、表面はカリッと揚げられている。「例えば、誰かと喧嘩をしてしまったとき、会話の糸口になるような。うちのコロッケが、何気ない日常のなかでちょっと気分を上げてくれる、そんなきっかけ作りをお手伝いできたらうれしいです」。

Photo_Yoko Tagawa(horizont)

Shop Data

All About My Croquette

東京都世田谷区若林4-20-9 若松屋ビル 1F

☎ 03-6450-8022

営 11:00~20:00

休 月・木曜

※2018年4月号掲載時の情報です