EAT 013

助かる人続出中!

按田餃子

東京_代々木上原

全4種類の特製水餃子と、

ほろほろに煮込んだ豚肉を潜ませたハトムギ入りそぼろごはんに、

さっぱりとした海藻湯がセットになった水餃子定食(¥1,050)。

ターメリックレモネード(¥648)は、薬膳効果も期待大。

健康がクセになる

異国のポスター。30種類以上のスパイスと漬物瓶。赤いテーブルに、カラフルな店員さんのエプロン。料理研究家として、世界を旅する按田優子さんが開いた〈按田餃子〉は、餃子屋だけど、中華屋ではなく、どこか遠くの地を彷彿とさせる店。「初めての海外旅行は、10代の頃に行ったインドでした。インドには、スパイスは効いているけれど、少ない組み合わせで香りが立つ、シンプルな料理が多くて、カレーライスも普段食べていたものとは全く異なる味でした。また、私たちがスタンダードとしている醤油味や味噌味は、世界的に見たら普通ではないのだと知りました。いろんな国でいろんなものを食べて、その共通項を今も探しています。どんな人にも少し距離のある、自分のところの味じゃないけど好き、みたいな」。按田さんがたぐりよせてきた異国の味は、特製水餃子を食べるとよくわかる。鶏肉をベースとした「白菜と生姜」と「香菜と胡瓜」、豚肉を使用した「大根と搾菜」、「カレー風味と人参」の4種類の餡を、有機ハトムギが練りこまれた皮で、まあるく包んだ。じんわりと滋味に富んでいて、シンプルなスパイス使いはついあとを引く。

1_オリエンタルな雰囲気の店内は、女性も一人で入れるように清潔感が保たれている。水餃子は持ち帰りも可能。2_栄養素の訴求は惜しまない。3_調味料まで特製する徹底ぶり。左から、味の要、餃子のタレ、豆豉ミックス。

1_週に7,000個以上手作りする水餃子。2_オリエンタルな雰囲気の店内は、女性も一人で入れるように清潔感が保たれている。水餃子は持ち帰りも可能。3_ゆでたきくらげとアボカドに、黒酢ベースのタレがベストマッチする「ゆでらけ」(¥540)。その他、「ラゲーライス」、「木耳ジュース」など、栄養満点のきくらげ料理が豊富。

代々木上原に美人な女性が増えてほしい、そんな思いで考えられた料理は、どれもヘルシーながら腹持ちもよく、結果男性にもうれしい。〝包みたい、助けたい、按田餃子でございます〟。『助けて』と日本人はいえないからと、按田さんが考えた合言葉に習って、無意識に体は今日も按田餃子を求めている。

Photo_Takanori Sasaki

Shop Data

按田餃子

東京都渋谷区西原3-21-2

☎ 03-6407-8813

営 11:30~23:00(L.O.22:30)

休 火曜

※2017年8月号掲載時の情報です