2019.11.13 / event

「nice things 縁市」talk event

私の仕事と何かの未来 -地域をデザインする-

山の形×TRUNK DESIGN

私たちnice things.は毎号テーマを変えながら、日本各地のものづくりをする人や、暮らしにいいものを伝えるお店、地域の魅力を発信する人たちを取材し、「その人の生き方」を伝えています。そのなかでも繰り返し取り上げているテーマである「仕事」。「暮らし」を語るうえで切り話すことができないこのテーマについて今一度、会場のお客様と一緒に考える機会を設けていきたいと思います。

 

今回のテーマは「地域をデザインする」仕事。

 

兵庫県垂水を拠点にその地に根付く産業や素材を生かしたものづくりをされている〈TRUNK DESIGN〉の堀内康広さん。山形県のものづくりの現場を巡りながら、地域の手仕事と暮らしをつなぐ新しい日用道具を手がけている〈山の形〉柴山修平さん。「地域」を基盤としたプロダクトデザインをされているおふたりに普段のお仕事について「ものづくり」「地域」「未来」の3つの軸をテーマにお話しをお伺いしていきます。ブランド立ち上げ当時から今にかけての活動や心境の変化、そして今後目指す未来について掘り下げていきます。

 

聞き手は、nice things.にまつわるイベントの企画や運営などを務めるnice things.STORYのメンバーが勤めます。普段、私たちが誌面の取材をするようにおふたりの仕事はもちろん、今後の未来についても触れていきます。

 

地域にまつわる仕事や、デザインに興味のある方などご気軽にご参加ください。

 

こんな人におすすめ

・雑誌 nice things. に興味のある方

・地域にまつわる仕事や、デザインに興味のある方

・自分らしい暮らしや働き方を追求したい方

【登壇者プロフィール】

■ TRUNK DESIGN  Inc. / 堀内康広さん

代表取締役、クリエイティブディレクター、デザイナー

 

1981年兵庫県生まれ。独立は2008年。2009年に社名を「トランクデザイン」とし、神戸垂水・商大筋にオフィス&ショップを移転・リニューアル。以来、企業の広告宣伝ツールの制作から、新製品開発プロデュース、ブランディング全般に至るまで、幅広く手がけている。2011年に地元兵庫県のものづくりを発信する「Hyogo craft」を立ち上げ、伝統工芸や地場産業のプロデュースやプロモーションを国内外に発信している。近年は兵庫県にとどまらず日本全国のものづくりの支援を行っています。自らが起点となりヒト・モノ・コトを結びつけ、新しい価値を創造するセルフプロジェクトも手がける。

 

2018 Taiwan design award GOLDEN PIN受賞

2019 Good design award best100・best focus受賞

https://trunkdesign-web.com

 

 

■ 山の形 / 柴山修平さん

共同代表

 

1984年生まれ。名城大学理工学部建築学科卒業後。その後は山形の木工家具メーカー〈天童木工〉にデザイナーとして6年間就業。その傍ら「山の形」としての活動を通じて共同代表の須藤修さんと共に、山形の作り手たちを巡りながらそこで見聞きした手仕事と現代の暮らしをつなぐ新し道具を作り続けている。現在は東京を拠点に空間設計・プロダクトデザインを中心に活動の幅を広げている。

http://yamanokatachi.jp

 

 

■ nice things.STORY

 

本誌の取材を通じて出会った作り手や、ものとの新しい出合いの形を提案する「気づき」の場を運営しています。東京西麻布の店舗での展示会の企画他、日本全国各地でのポップアップショップやイベントなどの企画を発信しています。

http://nicethingsstory.jp

INFORMATION

ものーこころーつながる

「nice things.縁市」開催

 

会期:2019年11月20日(水)~26日(火)

時間:10:00~20:00(最終日のみ16:00まで)

※入場無料

場所:阪神梅田本店 8F 催場

大阪市北区梅田1丁目13-13

イベント特設HP