About

誰かの生き方が、

気づきになるような、

ライフスタイルに、

心地いい刺激を、

感じるような、

媒体でありたい。

 

上記は、復刊以前の奥付に綴っていたnice things.の想いです。

 

気づき……。

 

何かに、あるいは何かを感じて、自分の内面にあった、または埋もれていた何かにつながること。

 

今日の私たちはいつでもどこでもたくさんの情報を得ることができます。知識を深めることもできます。

 

でも、気づきは新しい情報でも知識でもありません。

 

自分の内側に存在した知らない自分と出会う、そんな感覚です。

 

誰もが生活していくなかで、自身の経験から自分の考えが気づかないうちに固定化していくことがあります。

 

しかし生活をしていくと常に何かが起こり、その度に自分たち自身で未来を切り開いていかなければなりません。

 

そうしたときに気づきが救いになるような気がします。

 

nice things.という雑誌が、なにがしかそのきっかけになれますよう、そんな想いを持って存在していきたいと思っています。

 

谷合 貢

editor in chief

 

 

●刊行サイクル:季刊誌(1 月、4 月、7 月、10 月の年4回)
●発行発売:情景編集舎
●販売形態:取次を通さない直取引
●体裁 判型:A4 変形 ( 天地 280mm、幅 216mm)/ 総ページ数 116 ページ / オールカラー
●定価:1600 円+税


お問い合わせ
contact@nicethings.jp
post@jokeihenshusha.com